【偽装不倫】4話:すれ違う二人?

【偽装不倫】4話:すれ違う二人?

出演者


宮沢氷魚
瀬戸利樹
MEGUMI
田中道子
夏子
伊沢弘
朝加真由美
谷原章介
仲間由紀恵

3話のふり返り

年下ピンク髪のイケメン八神風太(瀬戸利樹)との不倫をしている葉子(仲間由紀恵)、賢治(谷原章介)との結婚記念日に、鐘子を利用して風太が入院する病院へ、病院で姉の不倫相手を目撃してしまう鐘子。
丈(宮沢氷魚)とはもう会わないことを決めていた鐘子だったが、自分に正直な葉子を見て気持ちを抑えることが出来なくなり、丈に会いに行きます。本当のことを話そうとするも、嫌われるのが怖くなり嘘を付き続けること決めるのでした。

4話あらすじ&ネタバレ

朝帰りをした鐘子、葉子から賢治に何か聞かれたらごまかしておいてと連絡が、何とかごまかし部屋に戻った鐘子は、昨夜の丈の一夜に酔いしれるのだった。

岩手への旅行の約束をした鐘子、お互いに旅行の連絡を取り合い、毎日がワクワクの鐘子なのであった。
※お弁当まで作る約束をしちゃうのです。

その頃、丈は病院で検査を受けています。
急に連絡が来なくなり不安になる鐘子。

―――挿入歌―――

居酒屋で同僚であり友達の山田まさ子(田中道子)に、丈とのやり取りや岩手への旅行、二人の名前が銀河鉄道にでてくるジョバンニとカンパネルラに似ていることを話します。
(ジョバンニ≒じょうばんの、カンパネルラ≒イタリア語で鐘子の鐘という意味)

まさ子は、連絡が取れない丈の姉 灯里(MEGUMI)がやっているスペインバルに行くことを提案します。
※ほぼ無理やり

灯里『丈ならいないわよ』
鐘子が結婚しているのに丈と会っているのに怒っている灯里。

そこに丈が帰ってきます。

半分嘘だと思っていたまさ子は、丈のイケメンぶりにビックリします。

お客さんがいたドサクサに紛れ、丈の部屋に行く鐘子。

丈『会いたかった、鐘子さん』

照れる鐘子、、、、

仕事で立て込んでてメールの返信が出来なかったことを伝える丈。

丈『聞いてもいいかな?』

何と答えればいいか分からず焦り、旦那が仕事ばかりで家にいないくて寂しいと伝える鐘子。

本当は丈に恋をしてしまい、好きだから一緒にいたいということを言えないのでした。

・・・・・・吉沢家・・・・・・

葉子は嘘に付き合ってもらった俺に10,000円を渡そうとするが、もう嘘はつきたくないと断る鐘子。


そして、岩手旅行の朝、張り切って弁当を作る鐘子(なれない料理にてんやわんやwww)

ラブコメドラマって感じのほのぼのシーンです。

鐘子が出かけようとしたところ、ちょうど大阪出張に行こうとしていた賢治とタクシーで一緒に向かうことに、賢治の優しさに丈との鉢合わせを心配し焦ってしまうのでした。

焦ってタクシーを降り、賢治をおいて先に向かう鐘子だったが、タクシーに忘れてしまった弁当を渡しに賢治があとを追いかけてきます。

遠くでそれを見てしまった丈、寂しそうな顔でその場を離れていくのでした。(悲しすぎるーーーー!!)

あとを追った鐘子だが、そこにもう丈の姿はなく、連絡しても返信はありません。

旦那と思っていた賢治と一緒にある鐘子を見て、めんどくさがられ逃げられたと思った鐘子。

旦那との仲睦まじい風の姿を見て寂しげに黄昏れる丈。

・・・・・・丈の通う病院・・・・・・

丈の容体が予想以上に悪く、丈に病院に来るように連絡がきます。

そのころ鐘子は、丈の為に作った弁当を一人で食べながら一人で泣くのでした。
(切ないシーンです。。。。)

・・・・・・丈の通う病院・・・・・・

丈の病気が脳腫瘍であることが発覚します。

手術のリスクも高く、腫瘍が大きくなると死ぬリスクもあり、病気で死ぬことが分かった丈は死ぬ前にやりたいこととして、『故郷への旅』『最後の恋』があり日本に帰ってきていたのでした。

旅行に行かずに帰ってきた鐘子を心配し、二人きりでお酒を飲みながら、自分が偽装不倫していることを葉子に話す鐘子。

葉子『じゃあ、次は本当の恋が見つかるといいね。。って私に言われたくないか』

好きだと言ってしまーーえば♪♪♪(挿入歌ですwww)

【偽装不倫】4話感想

第4話いかがでしたでしょうか。

結局本当のことを言えずに、丈との距離を縮めていく鐘子、そんな中、丈の脳腫瘍というまた新たな壁が立ちふさがります。

2人で行く岩手旅行を楽しみにしているシーンは、とってもホッコリして、楽しい感情がにじみ出ていたのですが、そこからの急展開に高低差激しすぎて耳キーンなるわ、でしたね。

ちょっと辛い回にはなりましたが、辛いことの後には幸せが待っているといことで、5話に期待しましょう。

それでは、このへんでーーー!!!